Home交通事故 連休に起きる交通事故

交通事故 連休に起きる交通事故

連休だからこそありがちな交通事故のひとつに、飲酒運転があります。
連休ということで観光先に車で出掛けたり、帰省することも多くなります。

出先で気分がよくなり、ちょっと一口。
お酒には強いから、数時間もすればアルコールも消えるだろうと思って一口。

親戚に進められるがまま、「自分は大丈夫」という根拠のない自信から飲酒し、交通事故につながることもあります。
一口のアルコールが抜けきるまで、個々の体質によって、数時間で消える人もいれば、数十時間かかる人もいます。
たった一口のアルコールが重大な交通事故につながることが多い飲酒運転。

「自分は大丈夫」という根拠のない自信は捨て、「飲んだら乗るな」を徹底することが、交通事故を避ける一番の近道です。

また、連休だからこそありがちな交通事故のもうひとつに、居眠り運転があります。
過労による居眠り。

渋滞によるイライラからくる居眠り。
外は暑く、車内はクーラーが効いて、心地いい空気になる車内には油断は禁物です。
長時間のドライブには、時間を決めて、適度に休息をとるなど対策が必要です。
渋滞をしていると気が張って、より疲れてしまいます。
同乗者との会話も居眠りを避ける方法のひとつです。

少しでも眠気を感じた場合は、一旦休憩をとり、体を動かすのもいいことです。

交通事故を起こせば、折角の楽しい連休も一瞬にして、最悪な連休に様変わりしてしまいます。
少しの気付き、少しの休憩で、連休にありがちな交通事故を避けることができるでしょう。

飲酒運転でもし事故にあうと、
加害者は当然罪が大変重くなりますが、
被害者は過失割合が大きく認定される可能性があります。

もし飲酒運転で事故で大きな怪我をしたら交通事故は弁護士へ
不利な示談交渉になる場合がありますので、交通事故相談件数がとても多い弁護士法人に相談した方が良いでしょう。



Copyright © 交通事故で後遺障害等級認定が受けれない All Rights Reserved.